ニュースルーム
GIGABYTE ゲーミングマザーボードG1-Killerシリーズを実戦配備!
GIGABYTE G1.Assassin、G1.Sniper、G1.GuerrillaでPCを武装せよ
2011/01/24   

高品質マザーボード、グラフィックスカード及びノートブックPCメーカーであるGIGABYTE TECHNOLOGYは、2011年1月、最新のゲーミングマザーボードG1Killerシリーズ、「G1.Assassin」、「G1.Sniper」、「G1.Guerrilla」を発表します。G1KillerシリーズはIntel®X58をベースに開発されたゲーミングモデルで、Creative社、Bigfoot Networks社などが持つ業界屈指の最先端機能を搭載しています。また同時にGIGABYTE独自の優れた機能も多数搭載しています。このGIGABYTE G1KillerシリーズマザーボードはPCゲーマーに、より破壊力のあるゲーミング環境を提供します。
 
GIGABYTEの研究開発部門の副社長ヘンリー・カオのコメント:「GIGABYTEは世界初のエリートゲーマー専用のマザーボードシリーズを発表しました。G1-Killerシリーズの特徴はCreative社とBigfoot Networks社などが持つ業界最先端技術のハードウェア及びソフトウェアソリューションを組み込んだ点です。それらに加え、GIGABYTEの持つ最高峰の品質と耐久性は、世界中のゲーマーを虜にすることでしょう。GIGABYTEのG1-Killerシリーズマザーボードは他では体験できないゲーミング環境を提供します。」
 
インテル株式会社の戦略・マーケティング部門及びデスクトップチップセット部門の部長、スティーブ・R・ピーターソンのコメント:「インテルはIntel®X58チップセットプラットフォームの更なる機能展開を楽しみにしており、ハイパフォーマンスを発揮するであろうGIGABYTE最新のG1-Killerシリーズマザーボードの発表を心より祝福しています。」
 
Creative社のオーディオ・ビデオ部門の部長、スティーブ・エリクソンのコメント:「サウンドブラスターオーディオ技術は、現在市場で提供されているどの統合チップセットよりもハイクラスなものであり、コンピューター産業はこれを強みとすることでしょう。」
 
Bigfoot Networks社の社長ミッシェル・ホーズのコメント:「オンラインゲームではわずかな時間差で勝者と敗者の違いが一目瞭然となります。The Killer™ E2100はオンラインゲームのために今までにない程の高速のネットワークソリューションを提供します。ゲームのデータのやり取りを自動的に最優先する独自技術や、PCのネットワークバンド幅のコントロールにおいて優れた性能を提供します。私たちはKiller™ E2100技術を搭載し優れたネットワークパフォーマンスを誇るG1-Killerシリーズを発表したギガバイトとの提携に非常に満足しています。」
 
戦火に身を投じる兵士のように、エリートゲーマーたちは使用する装備(PCの機能)の違いが「生か死か」につながる事を知っています。それこそがGIGABYTEがゲーマーの超人的な闘争本能を高め、ゲームプレイを向上させる為に、G1-Killerシリーズマザーボードに強力な武器といえる機能を搭載した理由です。

 

GIGABYTE G1-Killerの主な特徴

Super Sight

Super Hearing

Super Speed

Super Shield

4-way CrossFireX™/3-way SLI™

Creative 社サウンドブラスターX-Fi デジタルオーディオプロセッサ (20K2)

Bigfoot Networks社製Killer™ E2100 ゲームネットワーキングプラットフォーム

好戦的ヒートシンクデザイン

 

X-Fi Xtreme Fidelity™

フロントアクセスコントロールパネル(自動OCボタン)

CPU ファンコネクタを5箇所設置

 

EAX® AHD 5.0™

SATA 3.0 (6Gbps)、USB 3.0、 3倍USB電源

GIGABYTE Ultra Durable™ 3

 

Dolby® デジタルライブ

 

Maximum CPU Power Delivery
(最大のCPUパワーを供給) 

 

DTS™ コネクト

 

Dual CPU Power
(デュアルCPUパワー)

 

フロント オーディオ ヘッドフォンアンプ

 

Driver MOSFETs
(ドライバーモスフェット)

 

Nichicon
ハイエンド オーディオコンデンサ

 

 

 

GIGABYTE G1-Killerの仕様一覧表

 


4-way CrossFireX™ と3-way SLI™ に対応*
 

戦場の霧の中を明瞭に見渡す能力は、勝者と敗者を大きく分けるものです。GIGABYTEは最高のグラフィックス機能の柔軟性と拡張性を提供するためにG1-Killerシリーズマザーボードを開発しました。G1-Killerシリーズマザーボードは複数のGPUをサポートし最高のフレームレートを提供。それによりゲーマーはより明確に索敵でき、素早い照準が可能で、迅速に行動することができます。
 



よりクリアな視界、よりすばやい攻撃、より俊敏なアクションへ
Creative社製Soundblaster X-Fi Digital Audio Processor (20K2)をオンボード

目視で敵を捕捉する前に、その敵がどこにいるのか「聞く」ことができれば、多くのゲームにおいて、戦場で優位な立場に立つことができます。そのため、GIGABYTEは、業界最先端のオーディオ機能搭載のG1-Killerシリーズマザーボードを開発しました。このオーディオ機能は最高品質のオーディオ体験を提供してくれます。GIGABYTE G1-Killerマザーボードは、Creative社の業界最先端の「Soundblaster Digital Audio Processor (20K2) 」を採用しました。また、「X-Fi Xtreme Fidelity®」サウンドチップを搭載し、「Sound Blaster X-Fi」サウンドカードと同等のEAX® Advanced HD™ 5.0に対応する、世界で唯一のゲーミングマザーボードです。現実世界の中にいるかのようなサウンド体験を、ゲームの世界で楽しめます。
 

X-Fi Xtreme Fidelity®
X-Fiは最高技術で高品質のサラウンドサウンドをあなたの耳に届けます。ヘッドフォン、ステレオやサラウンドスピーカーを通して、デジタルオーディオの明確且つ自然な圧縮復元を助け、再生します。
 


EAX® Advanced HD™ 5.0
EAX®はパワフルかつ革新的なオーディオ技術の集積で、インタラクティブな3DオーディオをPCゲーミングにもたらします。そしてより正確に現実世界の音響環境をシミュレーションすることで、ゲーム内の雰囲気を盛り上げます。



Dolby® デジタルライブ
Dolby® デジタルライブはホームシアターを通してPCからのオーディオを楽しむことができます。Dolby®デジタルライブは、全ての音声信号をホームシアターシステムを通して再生・転送するために、Dolby® デジタルビットストリームに変換するリアルタイムエンコーディング技術です。Dolby® デジタル搭載オーディオ、ビデオレシーバー、デジタルスピーカーから一本のデジタルケーブルで転送されるので、何本もの複雑なケーブルに煩わされることなく音声信号の品質を保証します。

DTS™ コネクト
DTSコネクトはホームシアターオーディオ、ビデオレシーバーを使用して臨場感あるエンターテイメント体験を提供します。DTSコネクトは、DTS Neo: PC™とDTS Interactive™の二つの技術を組み合わせたもので、従来のステレオ音源を高品質な7.1チャンネルのサラウンド・サウンドにアップミックスする技術です。あらゆるオーディオソースをDTSデジタルサラウンドにエンコードするDTS Interactive™で、エンコードされたビットストリームをS/PDIF接続からDTS対応のホームシアターシステムで利用できます。


内蔵フロントオーディオヘッドフォンアンプ
ゲーマーのために特別に設計されたGIGABYTE G1-Killerシリーズは、150Ωを駆動することができる大容量のアンプを使用しており、高品質のヘッドフォン使用時にゲーマーはダイナミックかつ歪みのない、鮮明なサウンドを楽しむことができます。アンプはバンド幅、低ノイズ、高スルーレート、低歪みの機能を備えているのでプロフェッショナルのオーディオ使用に最適です。GIGABYTEはセンター/ サブウーファー、リアスピーカー、サイドサウンドとライン出力用に4つの追加アンプをG1-Killerに搭載しました。
 

Nichicon ハイエンドオーディオコンデンサ
ゲーマーのために特別に設計されたGIGABYTE G1-Killerシリーズは、150Ωを駆動することができる大容量のアンプを使用しており、高品質のヘッドフォン使用時にゲーマーはダイナミックかつ歪みのない、鮮明なサウンドを楽しむことができます。アンプはバンド幅、低ノイズ、高スルーレート、低歪みの機能を備えているのでプロフェッショナルのオーディオ使用に最適です。GIGABYTEはセンター/ サブウーファー、リアスピーカー、サイドサウンドとライン出力用に4つの追加アンプをG1-Killerに搭載しました。

 



Bigfoot Networks社のKiller™ E2100ゲームネットワーキングプラットフォーム

GIGABYTEはオンラインゲームのネットワークラグ問題を解決する唯一のマザーボードメーカーです。これは、Bigfoot Networks社のKiller™ E2100ゲームネットワーキングプラットフォームをG1-Kill他的なゲームネットワーキングDNA™技術のコンビネーションにより、Bigfoot Networks社のKiller™ E2100ゲームネットワーキングプラットフォームは最高のゲーム体験を提供します。erシリーズマザーボードに直接オンボードで搭載することにより可能にしています。専用のネットワークプロッセッシングユニット(NPU)と排他的なゲームネットワーキングDNA™技術のコンビネーションにより、Bigfoot Networks社のKiller™ E2100ゲームネットワーキングプラットフォームは最高のゲーム体験を提供します。
 

Killer™ E2100 専用のNPU
ネットワーキングプロセシングユニット(NPU)は、専用DDR2 1GBのメモリーを搭載し、CPUのネットワークに関する処理を軽減します。これによりCPUはその他の重要な処理を行うことができます。
 


DNA™のゲームネットワーキング
Bigfoot Networks社のゲームネットワーキングDNA™ソフトウェアは、Windowsネットワーク経路をバイパスしてゲームデータを直接NPUで処理します。これは究極のスピードを提供し、より素早い移動かつ攻撃を可能にします。

 






最大10倍速のパフォーマンス
MMOゲームや一人称視点シューティングゲームをしている時でも、Bigfoot Networks社のKiller™ E2100ゲームネットワーキングのプラットフォームは10倍速のパフォーマンスでオンラインゲームを新しい段階へ導きます。

 




Killer™ ネットワークマネージャ
比類なき速度を出す為に、オンラインゲームのデータを、インテリジェンスで優れた制御を行うKiller™ネットワークマネージャは、G1-Killerシリーズマザーボードの動作状況とパフォーマンスを表示し、ゲーマーはそれを参考にして最適化が可能です。

 
Killer™ ネットワークマネージャのアプリはBigfoot Network社のVisual Bandwidth Control™ テクノロジーを採用

 Bigfoot Network社のVisual Bandwidth Control™テクノロジーを採用することで、ユーザーはどのくらいのバンド幅を使用しているのか、どのアプリケーションを使用しているのかを確認することができます。Bigfoot Networks社のAdvanced Game Detect™テクノロジーはプレイ中のゲームを最優先し、ユーザーが使用し続けている間、必要なバンド幅を提供します。
 

フロントアクセス コントロールパネル
付属品の一部としてG1.Assassinマザーボードは2つのUSB 3.0ポートとPower eSATAに迅速且つ簡単にアクセスできる便利なフロントアクセスコントロールパネルが同梱されます。またフロントアクセスコントロールはボタンをひと押しするだけで、瞬時にシステムをオーバークロックできるボタンを備えています。戦闘中にシステムの再起動をせず最高のパフォーマンス向上が可能な状況を想像してみて下さい。.
 


SATA 3.0 (6Gbps) 、USB 3.0 、USB 3倍電源技術に対応

ゲームプレイ中、敵陣でのデータの遅延は命取りです。GIGABYTE G1-Killerシリーズマザーボードは最高速のデータ転送機能を提供します。4ポート(2フロントパネル、2バックパネル)の最新SuperSpeed USB 3.0オンボード、Mervell社のSATA3.0 (6Gbps)技術、3倍USB電源給電などの統合により実現されました。
 
 


戦闘準備万端なヒートパイプデザイン
 

GIGABYTE G1-Killerシリーズは新しくデザインされたヒートパイプを実装しています。この新しい設計はご覧の通り、温度の状態が一目でわかります。そしてCPU VRMゾーンなどの重要な箇所から効果的に熱を分散するので、GIGABYTE G1-Killerシリーズマザーボードは戦闘がヒートアップしても平気です。
 









CPU
ファンコネクタを5箇所に設置

更なる放熱の為の機能として、スマートファンピンヘッダが5箇所に設置されています。これによりCPUファンとシステムをより正確にコントロールします。またファンが個々の温度センサーを搭載している場合、GIGABYTEのEasyTune™ 6機能やBIOS機能を介して容易なコントロールが可能になります。

 

 

GIGABYTE Ultra Durable™ 3
GIGABYTE Ultra Durable 3設計の特徴は電源層グランド層の2オンス銅箔層構造です。2オンス銅箔層構造はより効果的にCPU VRMゾーンなどの重要な区画からPCB全体に熱を拡散させ、基板の温度を低下させることができます。また銅箔層の厚さを2倍にすることによって、PCBのインピータンスを半分に減らしています。2オンス銅箔層設計は信号品質を向上させ、コンポーネントとの干渉を引き起こす可能性のあるEMIを減少することができます。その結果、よりよい安定性を実現しオーバークロックの余地が出てくるので、パフォーマンスが向上します。
 

最大のCPUパワー供給
車のエンジンのピストンとシリンダーのように、マザーボードの電力変換モジュール(VRM)やパワーフェーズ数、コンポーネントの品質はマザーボードのパフォーマンスに大きく影響します。GIGABYTEのエンジニアたちは高品質のコンポーネントを採用すると同時に、パワーフェーズの数とCPU電力の効率性の関係に着目しいち早く取り組みました。業界最先端のVRD12,Dual CPU Power, Driver MOSFETs搭載のGIGABYTE G1-Killerマザーボードはエリートゲーミングシステムにクラス最高のシステムパフォーマンスと電源の安定性を提供します。
 

Dual CPU Power
GIGABYTE独自の技術であるDual CPU Power技術はCPU VRMパワーフェーズの配列を二つの電源回路に分けて作動させるタンデムオペレーションを可能にしました。 従来のパワーデザインでは全てのパワーフェーズが起動している状態であったのに対し、並列動作をするにより、一方のパワーフェーズが休止している間に、もう一方を動作させることができます。このようにGIGABYTE Dual CPU Powerは処理を分担して負荷を分散することができるため、マザーボードの耐久性と処理機能の信頼性を高めることが可能となります。
 

Driver MOSFETs
Intel® Drive-MOSFET仕様の規格を基準としたMOSFETsとドライバICの結合により、GIGABYTE G1-Killer シリーズマザーボードは最新のプロセッサーの電力供給をカバーできる高いスイッチング周波数下で、効率性の高い駆動能力を実現しました。Driver MOSFETsはVRM の実装面積を軽減することによりCPU区画をクリーンで整然とした状態に保つことができます。
 

GIGABYTE DualBIOS™ と3TB+ HDDサポート

DualBIOS™はGIGABYTEの特許取得技術で、BIOSのデータ破損や故障時に、主要なBIOSデータを自動的に回復します。DualBIOS™は実際に2つのBIOS ROMを搭載しており、ウイルスまたは不適切なBIOSアップデートによるBIOSダメージや故障からの素早くシームレスな復帰を可能にします。さらに、GIGABYTE DualBIOS™は3TB(テラバイト)などの大容量ハードディスク使用時に、以前は必要であったパーティションの分割を伴わないディスク起動をサポートします。Dual BIOS 3TB+ HDD Supportによりこれまで以上に多くのデータを一つのハードディスクに保存することができます。

 

ゲーミングシリーズに関する詳細情報は、こちらのウェブサイトをご参照ください。
GIGABYTE G1-Killerシリーズマイクロサイト



    

 

*グラフィックサポートの詳細については、製品仕様をご参照ください。
**G1.Guerrillaは Creative X-Fi ソフトウェアを採用しています。

このニュースをツイッターとfacebookでつぶやく