menu
戻る
ニュースルーム
ニュースルーム
GIGABYTE新しいBRIXを発表!
第4世代Intel® Core™プロセッサー(コードネーム:Haswell)に準拠した新しいBRIX
2013/09/06

高品質マザーボード、グラフィックスカード及びノートブックPCメーカーであるGIGABYTE TECHNOLOGYは、2013年9月6日、ウルトラ・コンパクトPCキットとして展開しているBRIXシリーズのラインナップに、最新の第4世代Intel® Core™プロセッサーに準拠した新製品群を追加することを発表いたしました。GIGABYTEの新しいBRIXは、ケースフロント部にSPDIF端子とUSB3.0ポートを2ポート搭載するなど、更に使い勝手が良くなりました。大幅な向上を果たした演算能力及び、ネイティブでの4K超高解像度出力を新しくサポートし実用性十分なパフォーマンスを誇るグラフィックス機能を兼ね備えた最新の第4世代Intel® Core™プロセッサーに準拠しながら4種類もの充実した製品ラインナップのもと展開されます。
 
GIGABYTEのマザーボード事業部副社長であるHenry Kao は次のように述べています。「GIGABYTEの新しいBRIXは、これまでウルトラ・コンパクトPCキットとして展開してきたBRIXシリーズの収めてきた成功を、その礎にしています。最新の第4世代Intel® Core™プロセッサーがもたらす高度な処理能力と、USB3.0ポートに加え新しくSPDIF端子を搭載するなど、使い勝手を大きく改善したインターフェイスは、ユーザーの方々へ非常に大きな恩恵をもたらすことでしょう。」
 
BRIX: ウルトラ・コンパクトPCキット
BRIXは、掌に収まる程コンパクトに小型化されたデスクトップの新基準、もはや代名詞そのものです。わずか29.9mm x 107.6mm x 114.4 mmというコンパクトな筐体に、ハイパフォーマンスなプロセッサを搭載した製品から、コストパフォーマンスに優れた入門向け製品まで、幅広くラインナップ展開いたします。
 
更に、豊富なディスプレイ出力や充実した拡張性、PCとしての実用的なパフォーマンスを備えてるので、コンパクトHTPCの構築だけではなく、ホーム、オフィス、教育向けPCをはじめ、デジタルサイネージなどの各種商業端末への搭載などに最適です。
 
GIGABYTEのBRIXシリーズは既に市場にある製品より小型で軽く、デザイン性にも優れた製品です。GIGABYTEのコンパクト・フォームファクター・マザーボード、Wi-Fi及びBluetooth4.0モジュール、VESA対応ブラケットと電源アダプターを同梱しており、高速なSSD(mSATAインターフェイス) とDDR3 SO-DIMMメモリーとOSを用意するだけでPCを組み上げる事が可能です。

 


Haswellを搭載した多様な製品ラインナップを用意!
GIGABYTEの新しいBRIXは搭載するプロセッサーの種類により、4機種をラインナップしています。シンプルなインターネット・アクセスポイントとしての用途や、ハイエンドなマルチメディア・ステーションといった用途まで対応可能な、ユーザーの要望に応じた柔軟性のある選択肢を提供いたします。
 

BRIX Model GB-BXi7-4500 GB-BXi5-4200 GB-BXi3-4010 GB-BXCE-2955
Intel Processor Intel® Core™ i7-4500U Intel® Core™  i5-4200U Intel® Core™ i3-4010U Intel® Celeron™ 2955U
Cores 2 2 2 2
Threads 4 4 4 2
Clock Frequency 1.8GHz – 3.0GHz 1.6 GHz – 2.6GHz 1.7 GHz 1.4 GHz
Smart Cache 4MB 3MB 3MB 2MB

 
GIGABYTEの新しいBRIXの詳細につきましては、以下のGIGABYTEウェブサイトをご参照下さい。 
 http://www.gigabyte.jp/MicroSite/342/haswell.html
 
BRIX: コンパクトでパワフル!充実したディスプレイ出力!
GIGABYTEの新しいBRIXはリアのI/O部にMini DisplayPortとHDMI端子を搭載しています。ホーム、オフィス、教育向けPCをはじめ、デジタルサイネージなどの各種商業端末への搭載用途にも最適です。また、HDMIポート接続経由で、高解像度コンテンツの再生や投影を担う次世代の新技術である4K超高解像度出力をサポートいたします。そして、ケース フロント部に新しく搭載されたSPDIF端子は、HTPC用途での使用下で、様々なオーディオ周辺機器への接続に大きなアドバンテージを発揮するでしょう。
 
BRIX: 使いやすくなったUSB 3.0とネットワーク機能! GIGABYTEの新しいBRIXは、ケースフロント部と、リアのI/O部にそれぞれ2つ、合計4つのUSB3.0ポートを搭載しており、各種周辺機器への接続性を大幅に向上しています。更に、ギガビットイーサネットLANポートに加え、Mini PCI-Eインターフェイス接続で搭載されているIEEE802.11b/g/n規格及び最新のBluetooth 4.0をサポートしたWifiモジュール等の充実したネットワーク機能により、多種多様なワイヤレスデバイスやモバイルデバイスへの接続を可能とします。

 


VESA対応: GIGABYTEの新しいBRIXはVESAマウンタに対応したブラケットを同梱しており、簡単にモニターや液晶テレビの背面に取り付ける事が可能です。BRIXは筐体が小型なため、モニターに取りつけても目立たずすっきりした設置が可能です。VESAマウンタ―への取り付けもスライドさせるだけなので、液晶モニターやテレビのデジタルサイネージ化も簡単です。
 


 
 
 
GIGABYTEの新しいBRIXの詳細につきましては、以下のGIGABYTEウェブサイトをご参照下さい。
http://www.gigabyte.jp/MicroSite/342/haswell.html