menu
戻る
ニュースルーム
ニュースルーム
GIGABYTE、Intel製 最新チップセット Z68 Express搭載マザーボードを発売
P67/H67から新世代のZ68へ、GIGABYTEはZ68をフルラインナップで投入!
2011/05/11

 

高品質マザーボード、グラフィックカード及びノートブックPCメーカーであるGIGABYTE TECHNOLOGY(以下、ギガバイト)は2011年5月11日、インテル® Z68 Express チップセットを搭載したマザーボード6製品を日本市場向けに発売する事を発表いたします。いずれの製品も、LGA1155ソケットに対応する第2世代インテル® Core™プロセッサーに対応しており、5月11日より順次発売を開始いたします。

今回、発売されるギガバイトZ68シリーズは全機種に、ギガバイト独自の新機能として「TouchBIOS™」を搭載。この革新的なハードウェア制御技術により、システム動作の容易な設定・制御が可能となり、より明快で快適なPC環境を提供いたします。ギガバイトは今後、Z68シリーズをインテル・プラットフォーム向け製品の主力製品に位置づけ、積極的な製品の投入をいたします。従来のP67/H67に比べ、システム全体のパフォーマンスを大幅に向上させる事が出来るインテル® Smart Response Technology をはじめとした、革新的で優れた最新機能を持つZ68搭載製品をエントリークラスからハイエンドまでフルラインナップで展開いたします。


エクストリーム・ハードウェア・パフォーマンスモデル:
ギガバイトはインテルが定める最新電源仕様「VRD12」に対応している唯一のメーカーです。Z68シリーズは100%ピュア・ハードウェアPWMにより応答速度がほぼ0に近い、遅延のない瞬時のスイッチングが可能です。最新の高性能CPUに最良の電力供給を行いつつ、負荷にあわせてフェーズ数を切り替える、ギガバイト独自の「Dual CPU Power」機能を搭載し、ハイパフォーマンスと長寿命・省電力を実現した製品です。 

GA-Z68X-UD7-B3 GA-Z68X-UD5-B3 GA-Z68X-UD4-B3


マルチメディア・エンターテイメント・モデル:
インテル® Quick Sync Video の利用により、家庭やオンラインで動画の作成・編集・同期等を追加ハードウェアのコストをかけずに高速に行えます。 加えて、LucidLogix Virtu™GPU Virtualization technologyサポートにより、追加グラフィックスカードと組み合わせて使う事で、3Dゲームや動画のエンコードなど、用途によって使用するグラフィックスを動的に切り替え、パフォーマンスと消費電力の最適化を図る事ができる製品もラインナップしております。

GA-Z68X-UD3H-B3 GA-Z68MX-UD2H-B3 GA-Z68MA-D2H-B3


GIGABYTE Z68シリーズの新機能・特長

GIGABYTE  Touch BIOS™ (特許出願中)
BIOS設定の革新的な新方式(GIGABYTE Z68マザーボードのみで利用可能)

BIOSを介してシステムの設定変更をするのは困難な作業になることがしばしばあります。いくつかのBIOSではマウス操作によりこうした問題に取り組んでいるものもありますが、それらは、まだまだ多くの人が快適で直観的に使える状況にありません。
ギガバイトの技術者は、BIOS設定をインターラクティブに行える様、「Touch BIOS™」を搭載する事によって操作体系を見直しました。キーボードやマウス、またはタッチパネル対応のモニターを使用してユーザーはより直観的なシステム設定が可能となりました。タッチスクリーンでの使用時にギガバイトの「Touch BIOS™」は、iPhoneのアプリケーションのように簡単に使う事ができます。

アイコンをベースとしたBIOS

ギガバイトは「Touch BIOS™」用に、主要機能を容易に認識できるようなアイコンを作成しました。ユーザーはオーバークロックアイコンから電圧やCPUの倍率設定変更や、PCステータスアイコンからPCの状況を監視できます。また「Touch BIOS™」にはより高いシステムカスタマイズを実現させるためQuick Boostや@BIOSといったギガバイト独自のアプリケーションを素早く呼び出すことが出来るアイコンも配置されています。


簡単操作と柔軟なカスタマイズ
ギガバイトは可能な限り簡単な操作が出来るよう、「TouchBIOS™」を0から設計しました。大きなアイコンはマウスで操作可能なだけでなく、タッチパネル対応のモニターを使用する事で指で操作も可能です。また「TouchBIOS™」でのタッチ操作を容易にするために、読みやすいフォントの採用や、大きな操作画面、幅の広いサイドスクロールバーなどを採用しました。「Touch BIOS™」の主な利点の1つとして、ユーザーの用途に応じて、ホーム画面をカスタマイズする事が可能です。ユーザーはマウスや指を使って、アイコンの順序を並べ替えたり、頻繁に使用するアイコンを追加したり、あまり使わないものは非表示にするといったカスタマイズが可能です。



設定変更をするためにBIOSに入る必要はありません
ギガバイト「TouchBIOS™」はWindows上で動作するので、設定変更をするためだけに、BIOSに入って作業をする必要はありません。たとえば起動デバイスの優先順位を変更したい場合、ユーザーは「TouchBIOS™」を起動して設定を変更するだけです。次回の再起動時にシステムは自動的に新しい設定に従って設定順序通り起動します。簡単にシステム設定を変更したいユーザーにとって「TouchBIOS™」は便利で時間の節約にもなります。




※ 「TouchBIOS™」はダウンロードによる提供となります、下記ページよりダウンロードいただけます。
http://www.gigabyte.co.jp/MicroSite/278/touch-bios.html


インテル® Smart Response Technology

ギガバイトZ68搭載マザーボードは従来製品にはなかった新機能として、全製品にインテル® Smart Response Technologyを搭載しており、SSDだけを使ったシステムのようなパフォーマンスを、HDD搭載のシステムにもたらします。この機能は、頻繁に仕様するアプリケーションをキャッシュすることにより、システムのパフォーマンスと応答性を劇的に向上させます。 大容量のSSDは現在非常に高価であり、残念ながら、誰もが容易に入手できる環境にありません。しかし、このインテル® Smart Response Technologyを使う事で、高速なSSDの長所と、安価で大容量ストレージを実現可能なHDDの長所を持ち合わせたシステム構築が、非常に安価に実現できます。ギガバイトが2011年後半のインテル・プラットフォーム向け主力製品としてZ68シリーズを大々的に展開するに至った経緯の一つに、この機能が挙げられます。実際に、この機能を搭載したギガバイトZ68シリーズは、この機能を使わないSSDとHDDの混在環境に比べ2倍以上※(PC Mark Vantage) 、HDDだけの環境と比べると4倍程度※(PC Mark Vantage) の速度を出すことができます。

※速度向上の幅は、ご使用のハードウェア環境により異なります



インテル® Quick Sync Video
第2世代インテル® Core™プロセッサーに内蔵されたインテル® Quick Sync Videoは、特別なハードウェアを追加するコストをかけなくても、動画の編集・作成・同期等が高速に行えます。従来では数十分かかっていたような処理が、この機能を使う事で、わずか数分で完了するといった、非常に魅力的なハードウェア・アクセラレーターです。
動画コンテンツをポータブルメディアプレーヤーやオンライン共有用として活用するには、動画の再エンコードなどの処理が必要です。他のソリューションに比べ速く、ストレスなく短時間で処理が行えるインテル® Quick Sync Videoはデコード・エンコードの処理の高速化と同時に、処理中もプロセッサーは他のタスク実行ができるため、PCシステム全体のパフォーマンス向上が可能です。


インテル® Quick Sync Video機能に最適化された独立系ソフトウェアベンダー(ISVs)のリストについては、下記をご参照ください。
http://www.intel.co.jp/jp/technology/quicksynch/index.htm



LucidLogix Virtu™ GPU Virtualization technology
ギガバイトのZ68シリーズは内蔵グラフィックと増設されたハイエンド3Dグラフィックスカードを動的に切り替える事の出来る、LucidLogix Virtu™ GPU Virtualization technologyをサポートしています。

これは高解像度が要求されるゲームをプレイするゲーマーが第2世代インテル® Core™プロセッサーに内蔵されたQuick Sync Video機能も使いたい場合に理想的です。この切り替え可能なグラフィックスは最大限のパフォーマンスを発揮しつつ、大幅にグラフィックスの消費電力を低減する事ができる機能です。



※このユーティリティはダウンロードによる提供となります。いくつかのギガバイトZ68搭載モデルでは内蔵グラフィックスをサポートしていないモデルもあります。詳細は日本ギガバイトのWebをご参照下さい。

 

製品ラインナップ

製品名 GA-Z68X-UD7-B3 GA-Z68X-UD5-B3 GA-Z68X-UD4-B3
市場想定売価(税込) 34,000円前後 26,000円前後 21,000円前後
チップセット Intel Z68 Express
フォームファクター/サイズ ATX (305x244mm)
基板レイヤー数 8 6 4
電源フェーズ数 24 20 16
Dual CPU Power 対応
メモリー 2ch 4DIMM (DDR3)
マルチグラフィックス対応 3way SLI / CROSS FIRE X 2Way SLI / CROSS FIRE X
PCI-Ex16  2* PCIEx16 or 4* PCIEx8 1* PCIEx16 or 2* PCIEx8
PCI-Ex1 1 1* PCI-Ex4+2* PCI-Ex1 2
PCI 2
SATA 6G/3G 6月4日 4月2日 6月4日
RAID RAID 0,1,5,10
eSATA 2
USB 3.0 (前/後) 10 (前4 / 後6) 8 (前4 / 後4) 4 (前2 / 後2)
USB 2.0 (前/後) 8 (前4 / 後4) 10 (前4 / 後6) 14 (前6 / 後8)
3倍USB給電 対応
On/Offチャージ機能 シャットダウン時のUSB充電対応
IEEE1394 (前/後) 3 (前1 / 後2) 2 (前1 / 後1)
オーディオ ALC889 (Dolby対応/ SN比108dBによるHD再生対応)
LAN 2* GbE LAN GbE LAN
COMポート - 1 (ピンヘッダ)
グラフィックス用付属品 3way / 2way SLI用ブリッジ 2way SLI用ブリッジ
前面ベイ用付属品 3.5" USB3.0ボックス -

製品名 GA-Z68X-UD3H-B3 GA-Z68MX-UD2H-B3 GA-Z68MA-D2H-B3
市場想定売価(税込) 19,000円前後 16,000円前後 14,000円前後
チップセット Intel Z68 Express
フォームファクター/サイズ ATX (305x244mm) MicroATX (244x244mm)
基板レイヤー数 4
メモリー 2ch 4DIMM (DDR3)
HDMI/DVI/アナログ 各1
Display Port 1 -
Virtu 対応 対応
マルチグラフィックス対応 2Way SLI / CROSS FIRE X
PCI-Ex16 1* PCIEx16 or 2* PCIEx8
PCI-Ex1 3 1* PCI-Ex4+1* PCI-Ex1
PCI 2 -
SATA 6G/3G 4/4 2/4
RAID RAID 0,1,5,10
eSATA 2
USB 3.0 (前/後) 4 (前2 / 後2) 2 ( 後2)
USB 2.0 (前/後) 14 (前10 / 後4)   12 (前8 / 後4)
3倍USB給電 対応
On/Offチャージ機能 シャットダウン時のUSB充電対応
IEEE1394 (前/後) 2 (前1 / 後1) -
オーディオ ALC889 (Dolby対応/ SN比108dBによるHD再生対応)
LAN GbE LAN
COMポート 1 (ピンヘッダ)
グラフィックス用付属品 2way SLI用ブリッジ

※製品の仕様と情報は、予告なく変更される可能性があります。