|
|
 
 
|
4X+ Intel® Smart
Response Technology 
|
|
|
|
|
 
4X+ Intel® Smart Response Technology
GIGABYTEはインテル6シリーズがもつ最高のインテル® スマート・レスポンス・テクノロジーによる4倍のパフォーマンス向上といった機能に加え、Touch BIOS™技術をはじめとする革新的な独自機能を搭載します。 GIGABYTE Z68シリーズのマザーボードは、人が車のシートで全ての挙動をコントロールするように、ユーザーがPCを完全に把握し、システム運用やパフォーマンスにおいて、個々のコンピューティングのニーズに最適化できます。
 
Intel® Smart Response Technology: HDD単体のシステムよりも高速
 
ギガバイトZ68シリーズ・マザーボードは、全製品でインテル® Smart Response Technologyを利用可能で、SSDだけを使ったシステムのようなパフォーマンスを、HDD搭載のシステムにもたらします。この機能は、頻繁に使用するアプリケーションをキャッシュすることにより、システムのパフォーマンスと応答性を劇的に向上させます。 大容量のSSDは現在非常に高価であり、残念ながら、誰もが容易に入手できる環境にありません。しかし、このインテル® Smart Response Technologyを使う事で、高速なSSDの長所と、安価で大容量ストレージを実現可能なHDDの長所を持ち合わせたシステム構築が、非常に安価に実現できます。この機能を搭載したギガバイトZ68シリーズは、この機能を使わないSSDとHDDの混在環境に比べ2倍以上※(PC Mark Vantage) 、HDDだけの環境と比べると4倍程度※(PC Mark Vantage) の速度を出すことができます。 ※速度向上の幅は、ご使用のハードウェア環境により異なります。
 
  SSDベースのシステム応答性
  単体ベースのシステムの4X高速
   
   
 
  SSD Caching + HDD
   
 
HDD
PC Mark Vantage (HDD スコア)
 

  Intel® Smart Response Technology
  HDD-単体ベースのシステム
* HDD単体だけの環境と比べると4倍程度もPC Mark Vantage(HDD スコア)の速度を出すことできます。
* Intel® Smart Response, Lucid Virtu 及び GIGABYTE Touch BIOSは、GIGABYTEのウェブサイトからダウンロードすることができます。
EZ Smart Response GIGABYTE EZ Smart Response
ギガバイト「EZ Smart Responseユーティリティ」はユーザーが短時間で容易に、インテル® Smart Response Technologyをセットアップ出来るシンプルなソフトウェアです。通常、インテル® Smart Response Technologyを有効にするにはBIOSでRAIDモードに設定してからOSのセットアップを終える必要があります。
また、OSセットアップ終了後に、インテル® Rapid Storageユーティリティを インストールして、インテル® Smart  Response Technologyと同様に手動で設定をする必要があります。今回発表のギガバイト「EZ Smart Response」はユーザーがこれらの導入過程で、複雑な手動設定をしなくても、自動で全ての設定を行います。これらにより、迅速かつ簡単にシステムのパフォーマンスを大幅に向上させることができます。 詳細はこちら
   
  GIGABYTE EZ Smart Response 従来の
Intel Smart Response設定
   
   
   
  GIGABYTE EZ Smart Response Utility をクリック
   
  Intel® Smart Response 動作
   
   
  GIGABYTE EZ Smart Response
従来のIntel® Smart Responseの設定
  * IDEモードのシステムをご使用の場合、OSを再インストールします
* おおよそのセットアップ時間
 
 
起動してBIOS設定へ
 
IDE→RAIDモードへ変更
 
再起動
 
Windows起動に失敗
 
Windows OSの再インストール
 
手動でIntel Smart Responseをインストール
 
再起動
 
Intel Smart Responseを構築
 
再起動
 
Intel® Smart Response 動作
 
  m-SATA Intel® Solid-State Drive 311 シリーズ
 
GIGABYTEは、mSATAコネクターを基板上に持つZ68搭載製品を数種類ラインナップしています。mSATAコネクターにはSLC、MLCのSSDが搭載可能で、同じSSDを使用した場合、通常のSATAポートに接続したSSDとの読み書きの速度差はないでしょう。違いは速度ではなく、mSATA用モジュールは小さく、場所をとらず、電源への接続といった配線作業が不要で、従来のSSDに比べて安価に入手できる点です。

インテル® SSD311シリーズは、インテル® スマート・レスポンス・テクノロジーに最適化されており、システムのパフォーマンス向上と、省電力を両立します。2.5” とmSATAのフォームファクタで、柔軟なシステム構成が可能です。
     
     
     
  Intel® mSATA 20GB SLC SSD オンボードモデル:
GA-Z68XP-UD3-iSSD
mSATA コネクタ オンボードモデル:
GA-Z68XP-UD3 / GA-Z68XP-D3 /
GA-Z68AP-D3 / GA-Z68P-DS3
   
  * Intel Smart Response Technology / EZ Smart Response Technology機能を使用する場合は、Intel Z68チップセットを搭載したマザーボードとIntel Core i3/i5/i7シリーズプロセッサが必要です。  
 

 
Share the webpage to Facebook and Twitter :  
All intellectual property rights, including without limitation to copyright and trademark of this work and its derivative works are the property of, or are licensed to,
GIGA-BYTE TECHNOLOGY CO., LTD. Any unauthorized use is strictly prohibited.
EZ Smart Response